2010.08.04 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.08.04 Wednesday

薄毛を回復させるカギは体質改善にある

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策



薄毛といってもいろんなタイプがありますが、
頭頂部から薄くなってきてしまう場合が多いようです。

つむじ付近ですね。


ハゲや薄毛というのを
「 遺伝 」 という一言で片付けてしまう方もいるかもしれませんが、

わたしはそうではないと思うのです。
 


いってしまえば、薄毛っていうのは
「 病気 」  なんじゃないかと。


命にこそ関わるわけではありませんが、
体に起こっている不調を、 「 抜け毛 」 という症状をともなって外部に出している。


そして頭頂部というのは体のなかで一番てっぺんに位置するところで、
血流の滞りであるとか、薄毛の症状が一番はじめにココにでてしまう。




さらに、髪の毛が抜け落ちたところで、
放っておいたら死んでしまうというわけでもないですから、


悩みはしても、
ガンだとか糖尿病だとか診断されたときのように、


真剣に対処しない。



ここに薄毛がなかなか改善しない原因があると思うのです。



ですから、薄毛は生活習慣病であるという理解のもと、
元気な髪の毛が育たなくなってしまっている現在の体質を改善していく。


そういう姿勢が望ましいと思います。



そして体質改善といった場合、その原因は一つではありませんから、
生活習慣のあらゆる面を、総合的に見つめなおす必要があります。



具体的には、


・和食を中心とした食生活
・適度な運動をする
・十分な睡眠をとる
・ストレスを溜め込まないようにする。
・シャンプーの仕方や入浴の見直し
・頭皮ケアの方法
・タバコをやめる


などです。



「 あと一本吸ったら肺がんになるよ。 」
といわれたら、スグにタバコをやめると思いますが、


「 タバコは髪の毛にとっても良くないよ。 」
と言われても、タバコ止めませんよね?

そういう認識の違いではないかと思うのです。




こういったことを総合的に改善していくことで、
薄毛の回復につながるのです。

洗髪の仕方に問題があった場合などは、
シャンプーの方法を変えるだけで抜け毛が一気に減る可能性もあります。



そういった薄毛を改善する方法がまとめられたマニュアルが、
コチラです。

>> 自宅でできる薄毛を回復させる方法 <<




実際に自分自身も長いあいだ薄毛に悩んできて、

家族からは、
「 遺伝なんだから諦めなよ。 」 といわれてきた。


そんな人が薄毛を克服した方法だから、
説得力があります。


真剣に薄毛を何とかしたいと考えている方は、
こういう教材で勉強されるといいでしょう。





それともうひとつ、
髪が生えやすいような体質に自分の体を改善していくことが大切だと話しました。

そのためには、
生活の中に適度な運動を取り入れたり、

クヨクヨと悩みこまずに、
夜はぐっすりと眠るということが大事だということもお話しましたが、



そういった生活習慣の改善と一緒に、
毎日の生活に取り入れると効果的な 「 あるもの 」 があります。


それは 「 どくだみ 」 です。



古くから生薬として有名な 「 どくだみ 」、
これをご自分で工夫して生活に取り入れるといいでしょう。


お茶のほうが飲みやすいですが、
青汁として飲んだほうが、より効果的です。


ドクダミには独特のクセがありますが、
下記のどくだみ酒はとても飲みやすいですよ。


生搾りどくだみ青汁酒十黒梅300・お試し品「お一人様一回限り」
【通常販売】生搾りどくだみ青汁酒十黒梅900(じゅっこくばい)
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM